スマートフォン版の表示に変更する

ダンベル・バーベル・サンドバッグ 等のトレーニング器具は (株)ファイティングロード

ファイティングロード・オンラインショップ

お電話でのご注文0120-668-335受付時間9:00〜20:00(連中無休)

健康直販・オンラインショップ

キャンペーン

  • TOP
  • メディア掲載一覧

メディア掲載一覧

当社契約モデル 井岡一翔選手、11回TKO 完全勝利でフライ級2度目の防衛。 [2015.12.31]

井岡選手、完全勝利!2度目の防衛戦をTKOで飾る
多彩なコンビネーションで完勝。2度目の防衛戦をTKOで飾る!!

序盤から、ミドルレンジで打ち合いを仕掛けた王者。
左ボディを軸に、カウンターの右が的確にヒット。レベコも右ボディを返すが、連打が届かない。偶然のバッティングでレベコが左まぶたをカットし、更にテクニックの差が明確になる。4回以降は井岡は力強さを増したボディの連打、左ボディで会場を沸かせる。井岡選手はボディを軸に、上下に角度の異なるパンチを打ち分けて完全に試合を支配。9回、井岡選手のボディ攻撃にレベコ選手が大きくのけぞる。
ロープに詰められ、ほぼスタンディングダウンの状態を繰り返す。レベコ選手は手数を出し抗うが足元がおぼつかず効果なし。逆にボディを嫌がってガードが下った処に井岡選手の右がクリーンヒットする。その後、井岡選手はボディ連打。11回、最後の右ボディに、ここまで我慢してきたレベコ選手もたまらずダウン。フラフラになりながら立ち上がるもレフェリーが試合を止めた。

これまでKO負けのないタフな前王者レベコ選手を相手に、井岡選手は真っ向から打ちあい、ボディの連打からTKO防衛を飾った。ノックアウトこそ逃したものの、スピード、テクニックいずれも相手を圧倒した素晴らしい完全勝利と云える。

大晦日に3階級王者の実力を証明し、16年はステップアップの年になる。次の目標はフライ級統一王者。試合後、井岡選手は「僕自身、伸びしろがあるし、強くなる可能性を感じる。唯一無二、僕しかできないことをやりたい」と強い決意を語っていた。




※井岡 一翔選手も絶賛の格闘技用品: ファイティングバッグ

当社契約モデル 井岡一翔選手、3階級制覇後の防衛戦 初勝利!! [2015.09.27]

井岡選手、判定ながらも見事!防衛戦初戦を飾る
多彩なコンビネーションで完勝。防衛戦初勝利!!

最初のラウンドは、相手の様子見に徹した井岡選手だったが、2ラウンド以降、多彩なパンチを上下に散らし、ペースを奪っていく。挑戦者も長いリーチを駆使してのジャブ、ボディまでしっかりと覆うガードを上げて必死で抵抗するが、それを上ラウンドる攻撃のバリエーションを井岡選手に叩き込まれ、8ラウンド以降はボディへの攻撃で後退する場面が増える。結局、判定決着になったが、ジャッジ全てが10点差以上をつける大差で勝利。終始、抜群のディフェンスと多彩なコンビネーションを見せつけた完勝の内容だった。

試合後、井岡選手はKOできなかったことを悔やみつつも、勝利できたことをを喜んだ。今後は、年末に前王者レベコとの再戦も含めた防衛戦、来春には他団体王者との統一戦と競合ひしめく同階級での統一王者を視野に入れる。




※井岡 一翔選手も絶賛の格闘技用品: ファイティングバッグ

当社契約モデル 井岡一翔選手、判定2-0で勝利 3階級制覇!! [2015.04.23]

井岡選手、見事!V3を飾る
念願の3階級達成!伝説の勝利!!
2015年4月22日、当社契約選手 井岡 一翔選手が、大阪府立体育会館でWBA世界フライ級王者フアンカルロス・レベコ(アルゼンチン)を僅差ながらも判定2-0で下し、見事勝利。念願の3階級制覇を達成した。

過去防衛8回、8年間無配の絶対王者に対し、序盤からジャブで圧倒!リーチで勝るアドバンテージを終始、活かし続けた。自分の距離を基本にで左ジャブ、ボディーを当てる。2Rには強烈なフックをカウンターで合わせチャンピンをグラつかせる場面もあった。後半は、相手のハードパンチの打ち終わりに右を合わせるスタイルに変更、着実にポイントを重ねた。

7Rにチャンピオンの反撃にあうも終始、落ち着つき自分のペースで試合を進めた。手数でチャンピオン劣るものの有効打撃数で勝り、僅差ながらも2-0の判定で堂々!『3階級制覇』を成し遂げた。

元2階級王者の叔父弘樹氏(46)が4度挑んで叶わなかった 3階級制覇 を遂に手にした。

『井岡家に生まれ、ボクシングを始めてサラブレッドと言われたけど。去年5月に負けてから積み上げたものが音を立てて崩れ、本当の地方馬になった。』
敗戦後の苦境を笑いで振り返りながら『自分がつかみたいものは何が何でも、真っすぐに挑戦していく』と心意気を熱く語っていた。


※井岡 一翔選手も絶賛の格闘技用品: ファイティングバッグ

当社契約モデル 井岡一翔選手、5R KOで完全勝利!! [2014.12.31]

井岡選手、見事!V3を飾る
2015年 3階級V再挑戦へ前進の勝利!!
2014年12月31日、当社契約選手 井岡 一翔選手が、大阪府立体育会館で再起戦のノンタイトル10回戦に臨み、元WBA世界フライ級暫定王者 ジャン・ピエロ・ペレス(ベネズエラ)を5R 2分9秒でKOで下し、見事勝利した。

4年連続となる大みそかの戦いを見事、KOで飾り、悲願の3階級制覇へ弾みをつけた。
「判定が続いていたので、KOを見せたかった。」と、コメントにあったように最後はボディからの
左ストレートで老獪な相手をマットに沈めた。

ここ数試合、判定勝ちと結果を残すも消化不良気味な展開が続き、自身も苛立ちがあったようで
まさに圧巻のKO劇となった。試合中、何度も相手にコンビネーションからのフックをもらう場面も
あったが、最後まで冷静に対処し、最後はボディにひるんだ相手の隙を見逃さず、左をクリーン
ヒットさせた。ペレスは大の字に倒れ井岡選手がKO勝利。大晦日4年連続勝利し、3階級制覇
に駒を進めた。


※井岡 一翔選手も絶賛の格闘技用品: ファイティングバッグ

当社契約モデル 井岡一翔選手、3-0の判定で 見事!勝利を飾る [2014.09.16]

井岡選手、見事!V3を飾る
進化の再起戦 3階級V再挑戦へ自信の勝利!!
2014年9月16日、当社契約選手 井岡 一翔選手が、東京・後楽園ホールで再起戦のノンタイトル10回戦に臨み、世界ボクシング協会(WBA)フライ級14位のパブロ・カリージョ(コロンビア)を3―0の判定で下し、見事勝利した。

通常、世界前哨戦といえば、楽な相手にKO勝ちして、次の世界戦へ臨むというイメージもあるが、敢えて世界ランカーを相手に指名した井岡選手。試合は見応え十分の"ガチンコ対決"になった。

カリージョ選手は序盤から、タイミングのいいジャブ、連打で前にでるが、井岡選手は冷静に対処、ジリジリとプレスを強め、上下に散らす攻撃の組み立てる。特にボディブローがカリージョ選手にダメージを与えた。試合は井岡選手優勢で進むも、カリージョ選手も簡単には失速せず、最後は足を止めての壮絶な打ち合いで時間切れとなった。

結果こそ判定になったもののスコアは『98-92、99-93、99-91』の圧勝となり、新しい階級での前哨戦で大きな結果を残せたといえる。

試合後、井岡選手は“フットワークで何度も相手のパンチを空振りさせ、四方からパンチを打ち込む” ニュースタイルの実戦テストにも「まだ半分。攻勢からの足、コンビネーションが課題」と自己採点は厳しい。ただ、『熱くなった。勝ったことが次につながる』と、大晦日の3階級制覇へ強い意気込みを伺わせていた。


※井岡 一翔選手も絶賛の格闘技用品: ファイティングバッグ

当社契約モデル 井岡一翔選手、判定ながら 見事!V3を飾る [2013.12.31]

井岡選手、見事!V3を飾る
序盤から激しい打ち合いを制し、判定ながらも3度目の防衛に成功!!
2013年大晦日、大阪府立体育館で行われた“WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ”で当社契約選手で現王者の井岡 一翔選手が、3−0の判定でV3を飾った。

同級3位フェリックス・アルバラードは18戦無敗、KO率83%を誇るハードパンチャー。最強の挑戦者と前評判も高く、試合は予想通り1回から壮絶な打ち合いになった。

この日の井岡選手は絶妙な距離感でリズムをとる本来のボクシングではなかった。これまでの試合、KO勝利の全てを3ラウンド以内にしてきた挑戦者と真っ向から打ち合った。激しい乱打戦になり、相手の必殺のブローが何度も井岡選手の頭を狙った。それでも的確巧みなガードも見せ、無敗だった難敵を攻略。多彩なパンチを当てて打ち勝った。
最後まで試合の指導権は譲らず何度もKO寸前まで追い込みながらも、異様なまでにタフな相手に試合は判定決着となる。 それでも、判定は3−0のストレート。
3度目の防衛に成功するとともに、自身の連勝記録も14と伸ばした。


※井岡 一翔選手も絶賛の格闘技用品: ファイティングバッグ

当社契約モデル 井岡一翔選手 、7回 一閃!"左フック" KO  見事!V2を飾る [2013.09.12]

井岡選手、見事!V2を飾る
序盤、苦戦しながらも7回KOでV2、世界戦3連続KO達成!!
9月11日、大阪府立体育館で行われた“WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ”で当社契約選手で現王者の井岡 一翔選手が、7回KO勝利でV2を飾った。

対戦相手は勝率95%を誇る元WBA世界ミニマム級王者クワンタイ。1Rから井岡選手は序盤から積極的に手数を出し主導権を握るが、時折、挑戦者クワンタイのゆるやかな動きから反撃を受ける場面もあった。 "ボクシング=KO"という自身の信念からきた“かたさ”からか、序盤は何度もパンチをもらう展開になる。しかし、ようやく相手にも馴染んできた4R、井岡選手は左ジャブからのカウンターの右ストレートを当てる。 これでリズムをつかむと続く5R、一気に詰め連打で相手を棒立ちにさせた。 そして、最後は迎えた7R、井岡選手が放つボディへ連打からの強烈な左フック!!遂に元王者のクワンタイからダウンを奪う! この強烈な一撃で相手は立てず、そのまま試合は終了。
井岡選手はKO決着が少ないと いわれる階級で見事、世界戦3連続KO勝利を収めた。

試合後、本人の口からは反省の弁が出たものの、内容は完全な圧勝!!ノックアウトされた挑戦者で元世界王者クワンタイからも 『パンチが井岡には効いていなかった。今までの選手と違う』と、その強さを認める発言が聞かれた。


※井岡 一翔選手も絶賛の格闘技用品: ファイティングバッグ

当社契約モデル 井岡一翔選手 、9回 ズシリ"右ボディ" KO  嬉しい初防衛! [2013.05.08]

井岡選手、嬉しい初防衛!
序盤、苦戦しながらも5回TKOで初防衛に成功!!

5月8日、大阪府立体育館で行われた WBA世界ライトフライ級タイトルマッチで当社契約選手で現王者の井岡 一翔選手が、9回KO勝利で初防衛戦を突破した。

井岡選手は序盤から左ジャブでリズムをとり、ボディーからストレート、フックと多彩に攻めるも、なかなか決定打が出ない。それでも焦らず、セコンドの指示通り、レバー(肝臓)を攻め続けた。 そして迎えた9回。井岡の右ボディーが、レバーに注意がそれガードが空いた腹に突き刺さる。強烈な一撃だった。挑戦者はマットに崩れると、大の字になる動かない。井岡選手は衝撃的なKOでデビュー12連勝を飾った。


※井岡 一翔選手も絶賛の格闘技用品: ファイティングバッグ

当社契約モデル 井岡一翔選手が 日本最短11戦目で 2階級制覇達成! [2012.12.31]

井岡選手、KOで完全勝利!
日本最短11戦目で 2階級制覇達成!!

2012年大晦日、WBA世界ライトフライ級王座決定戦が大阪府立体育会館で行われ、当社契約選手の井岡一翔 が対戦相手の ホセ・ロドリゲス を 6ラウンド2分56秒TKOで下し、日本最短11戦目での2階級制覇を達成した。

圧巻の勝利!1ラウンド1分50秒にボディブローで初めのダウンを奪うと、その後も井岡選手のペースで試合が進み、ロドリゲスに付け入るすきを与えない。 試合を決まめた6ラウンド。完璧にロドリゲスのパンチを見切った井岡選手はガードの間から右ストレートを打ち込みダウンを奪う。再び立ち上ったロドリゲスに井岡が猛然とラッシュ!強烈な2発で仕留め、そのままレフェリーが試合を止めた。


※井岡 一翔選手も絶賛の格闘技用品: ファイティングバッグ

当社 復興支援広告・義援金に対して東国原知事より感謝状[2010.8]

義援金贈呈 H22.8.9
宮崎県・東国原知事より感謝状をいただきました。

 ---- 感謝状 ------
  宮崎県へのご支援、まことにありがとうございました。厚く御礼申し上げます。
  家畜感染病 口蹄疫の発生から3か月余り。わが宮崎県は畜産業のみならず県民
 生活に大きな影響を受けましたが、ようやく8月末には口蹄疫の終息を宣言できる
 見込みとなっております。
  そのような中、7月28日付け朝日新聞に掲載いただきました御社の全面広告は、
 県民にとりまして、復興に向けての大きな希望と元気をいただくものとなりました。
  さらには、義援金も頂戴しまして、双方いたく感激いたしております。
 義援金につきましては、本県の畜産再興のみならず広く県復興のため活用させ
 ていただきますのでよろしくお願いいたします。
  どうぞ、今後とも、いろいろな面から御支援いただきますと幸甚でございます。
 最後に御社の益々の御発展と御多幸を心からお祈り申し上げます。
 
  平成22年8月吉日                      宮崎県知事  東国原英夫
 ----------------------



PAGE TOP